Bluetooth無線による電気錠開閉制御デモ(Android版)

 In ドアコンシェル, お知らせ・学ぶ・導入事例, Bluetooth導入事例・お客様の声

こんにちは、無線化.comカスタマーサポート担当の清水です。

今回は、Bluetooth無線による電気錠開閉制御のデモ動画をご紹介します。
以前ご紹介した「電気錠をスマホで開閉!Bluetoothを使った無電圧接点の無線制御」と合わせてご覧ください。

デモ動画

まずは早速、デモ動画をご覧ください。

電気錠は通常の扉に取り付け可能なシーズンテック社製を採用

電気錠にはシーズンテック社の電気錠を採用しました。この電気錠は通常の扉(サムターン)に工事不要でカンタンに取り付けることができます。電池駆動でおよそ1年程度稼働させることもできるそうです。

シーズンテック社の電気錠デモセットシーズンテック社の電気錠デモセット
サムターンに外付け可能サムターンに外付け可能
電気錠制御用Bluetoothユニットを並べて設置電気錠制御用Bluetoothユニットを並べて設置(左の白いケース)

今回のデモ用Bluetoothユニットは電池駆動が可能

シーズンテック社の電気錠に合わせ、今回のデモ用Bluetoothユニットは電池で駆動させることにしました。
弊社連続稼働テストでは、エネループ単3×4本でおよそ2週間程度という結果でしたが(絶えず開閉させ続けた場合)、開閉の回数をコントロールことで実運用に耐えうる稼働時間も実現可能と期待しています。

無線化.comの電気錠制御用Bluetoothユニット無線化.comの電気錠制御用Bluetoothユニット
BluetoothモジュールZEAL-C02が搭載BluetoothモジュールZEAL-C02が搭載
今回のデモは電池駆動にチャレンジ今回のデモは電池駆動にチャレンジ

デモアプリはフェンリルさんにご協力いただきました

今回のデモアプリ開発には、フェンリル株式会社のみなさんにご協力いただきました。
デザインと技術のフェンリル – フリーソフトでユーザーにハピネスを

 

フェンリル社開発のデモアプリフェンリル社開発のデモアプリ
パネルをスライドさせて鍵の開閉が可能パネルをスライドさせて鍵の開閉が可能

オフィスの入口に導入実績あり!実際に導入可能なプロダクトです。

こちらのBluetoothユニットは、株式会社エーピーコミュニケーションズ様に導入いただいております。

エーピーコミュニケーションズ様に導入実績ありご協力いただいた株式会社エーピーコミュニケーションズの齋藤様(左)

AP COMMUNICATIONS CO.,LTD. | お客様の真のニーズに応えるサービスを提供するシステムインテグレータ

 

 

今話題のBeaconデバイスと連動させ、iPhoneを所持したスタッフの方が扉に近づくと、自動的に電気錠が解錠される仕組みです。2014年7月より、実際のオフィスで稼働中です。

オフィスの入り口でご利用いただいていますオフィスの入り口でご利用いただいています
こちらが電気錠制御用のBluetooth基板こちらが電気錠制御用のBluetooth基板
扉の部屋側上部にBluetoothユニットが設置されています扉の部屋側上部にBluetoothユニットが設置されています
Androidタブレットが受付端末代わりにAndroidタブレットが受付端末代わりに
扉の近くにBeacon端末が設置されています扉の近くにBeacon端末が設置されています

詳しいことが知りたい方はカスタマーサポート担当の清水までお尋ねください

この記事を書いた人

無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
Bluetooth業界に足を踏み入れてから早10年。
初心者がイチから学んだ知識とノウハウを、初心者の方でもわかりやすいようにお伝えすることを心がけています。