In Bluetooth導入事例・お客様の声

医療現場でのヘルスケア機器にBluetooth導入

医療現場においても、近年急速に無線化のニーズが高まっています。

電波干渉に強く、周囲の医療機器への影響が少ないBluetoothは、医療現場での無線通信に適しており、その動向に注目が集まっています。

 

Before

測定結果を電子データで管理する場合、一度カルテに手書きしてから電子データとして入力するのでは2度手間です。
測定器とPCを有線でつなぐ場合でも、ケーブルをひきずることになったり、ひっかける危険があるなど、医療現場において衛生面・安全面でも良い状況とは言えません。

医療現場では衛生面・安全面が重要
医療現場では衛生面・安全面が重要

After

測定結果を直接PCへ転送するため、容易に電子データ化できるようになります。
無線で転送すれば衛生面・安全面の心配もありません。

測定データを直接PCへ無線転送
測定データを直接PCへ無線転送

無線化のポイント

医療現場での無線通信は周囲の医療機器への影響を考慮しなければなりません。医療現場での無線化には、電波干渉に強く、周囲の医療機器への影響が少ないBluetooth無線が適しています。
医療現場における無線利用についての詳細はこちら

医療現場での無線化にはコンプリートBluetoothモジュールがおすすめです

BluetoothモジュールZEALシリーズ

 

この記事を書いた人

無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
Bluetooth業界に足を踏み入れてから早10年。
初心者がイチから学んだ知識とノウハウを、初心者の方でもわかりやすいようにお伝えすることを心がけています。
case09_illust_after