In Bluetooth導入事例・お客様の声

Bluetoothでシリアルケーブルをカンタン無線化

各種センサーで取得したデータをPCや装置へ転送することはよくありますが、ケーブルでつながれていると何かと不便です。無線化することにより、不便な状況を改善することができます。特に「動くもの」に取り付けることが多い加速度センサーは有線では実現が難しい場合もあります。
有線では実現できないことが無線化により実現できる場合もあります。

 

Before

回転運動の様子や、ものの「動き」を加速度センサーで取得し、PCや装置へ送っていますが、有線だと動きに制限が出てきてしまいます。

動くものにケーブルを取り付けると動きに制限が出てしまいます
動くものにケーブルを取り付けると動きに制限が出てしまいます

After

Bluetoothで無線化することにより、ケーブルのときとは違い動きに制限なくセンサー情報が得られるようになりました。

Bluetoothなら配線いらずで動きに制限なくデータ転送が可能となります
Bluetoothなら配線いらずで動きに制限なくデータ転送が可能となります

無線化のポイント

動くものに取り付けることが多い「加速度センサー」はケーブルでつながれている動きが制限されてしまいます。センサーに回転を加えるものや遠く離れてしまうようなケースでは、有線では物理的に実現が難しい場合もあります。無線化することで有線では実現できなかったことを実現可能にしました。

センサーデータの無線化にはコンプリートBluetoothモジュールがおすすめです

BluetoothモジュールZEALシリーズ

 

この記事を書いた人

無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
Bluetooth業界に足を踏み入れてから早10年。
初心者がイチから学んだ知識とノウハウを、初心者の方でもわかりやすいようにお伝えすることを心がけています。
case04_illust_aftercase11_illust_after