R8Cマイコン無線化ベースボードキット

R8Cマイコンを使ったセンサーデータの無線化デモキットです。
※完売により販売を終了致しました。

販売終了

商品概要

R8Cマイコン無線化ベースボードキットはセンサーデータを一旦R8Cマイコンで取り込み、それをBluetooth経由でPCへ送るというシステムを実現したデモキットです。
一連の操作を通じて、Bluetoothによるセンサーデータ転送のイメージがつかめます。
「PC側ではどのような手順でBluetooth接続するのか」
「センサー・R8Cマイコン・ZEALをどのような回路設計でつなぐのか」
「R8Cマイコンではどのようにセンサーデータを取り込み、どのようにBluetoothへ送ればいいのか」
このような点を知りたい方におすすめのキットです。
R8Cマイコン無線化ベースボード動作イメージ

キット内容

  • ZEAL-C02
  • ベースボード
  • 2.54mmピッチ変換基板(旧型)
  • (サンハヤト社製)R8Cマイコンボード
  • ACアダプタ
  • シリアルケーブル
  • PC側用BluetoothUSBドングル
  • PC用サンプルソースコード(C++言語)
  • R8Cマイコン用サンプルソースコード(C言語)
  • マニュアル

サンプルソースコード付属

R8Cマイコン無線化ベースボードキットにはR8CマイコンのサンプルソースコードとWindows用のサンプルソースコードが付属しています。
「組込みマイコンからはどのようにZEALを制御すれば良いのか」
「PC側ではどのようにBluetoothでデータを受ければ良いのか」

サンプルソースコードをソフトウェア開発の参考にしたい方におすすめです。

Interfaceに掲載されました

このキットは「Interface2009年11月号(2009年9月25日発売:CQ出版社)の無線特集」掲載用に開発したデモキットをベースに、改良を加え製品化したものです。こちらの記事を弊社担当者が原稿執筆しています。