無線化.comをリニューアルしました

Nexus5と組込み用BluetoothモジュールZEAL-C02のSPP接続手順解説

こんにちは、無線化.comカスタマーサポート担当の清水です。今回はAndroidデバイスと組込み用Bluetoothモジュールの一般的なSPP接続手順について解説します。

Nexus5と組込み用BluetoothモジュールZEAL-C02をSPP接続させてみました

今回使用したAndroidデバイスはNexus5、BluetoothモジュールにはZEAL−C02(以下、ZEAL)を使用しました。

環境

マスター Nexus5
スレーブ ZEAL-C02
Androidターミナルアプリ Bluetooth Chat for ZEAL

接続の手順

大まかな接続の手順は以下のとおりです。順を追って説明していきます。

  1. ZEALをスキャン状態(待受状態)にする
  2. Nexus5とZEALをペアリング
  3. BluetoothChat(ターミナルアプリ)から接続

1. ZEAL-C02をスキャン状態(待受状態)にする

まずスレーブ側となるZEAL-C02をスキャン状態(待受状態)にします。具体的にはZEALをUSBアダプタに載せた状態でPCに接続し、ターミナルソフト(TeraTermなど)からBTAコマンドを実行します。

2. Nexus5とZEAL-C02をペアリング

次にNexus5とZEALをペアリングします。[ 設定 ] → [ Bluetooth ] を開きます。

「デバイスの検索」をタップします。

手順1でZEAL-C02がスキャン状態になっていれば、「使用可能なデバイス」にZEAL-C02が表示されますので、ZEAL-C02をタップします。

ペアリング中・・・・・・・

ペアリングが完了すると「ペアリングされたデバイス」にZEAL-C02が表示されます。これでペアリング完了です。

3. BluetoothChat(ターミナルアプリ)から接続

ペアリングが完了したら、ターミナルアプリから接続してみます。

MEMO
今回使用したターミナルアプリは「BluetoothChat for ZEAL」(以下、BluetoothChat)です。これは有志の方がご自身のZEAL動作確認用に作成されたサンプルアプリです。GoogleがBluetooth通信用のサンプルソースとして提供しているBluetooth Chatがベースになっています。GooglePlayに公開されていますので、ご自由にご利用ください。
まずBluetoothChatを起動します。

右下のボタンをタップすると、接続ボタンが現れます。ここでは「Connect a device – Insecure」を選びます(※後述)。


接続相手としてペアリング済みのZEAL-C02をタップ。

“Connected to ZEAL-C02″と画面に表示されれば、Bluetooth接続完了です。

Bluetooth接続後、ZEAL側のターミナルソフトから文字を送ると、このように表示されます。

逆にアプリのテキストエリアに送信データを入力し、”Send text”を押すと、Nexus5からZEALへデータが送信されます。

まとめ

  • 接続の手順は「スレーブ側を待受」→「ペアリング」→「接続」
  • Nexus5以外のAndroid端末でも基本的な手順は変わりません

ZEALと接続確認済みのAndroidデバイスの一覧、Secureメソッド / Insecureメソッドの違いなど、対Anroid端末との接続についての詳細は下記ページもご参考ください。
BluetoothモジュールZEALとAndroid端末とのSPP接続について BluetoothモジュールZEALシリーズ接続確認済みデバイス一覧